ビジオの液晶テレビの画像・音質などの性能は?

ビジオ(vizio)の液晶テレビは安くて品質も良いと評判です。
しかし、アメリカでシェアを伸ばしてるとはいえ、日本人にとっては、家電製品、テレビといえばやはり優秀な日本のメーカーでないと心配という声も多いと思います。
アメリカではシャープやソニーなど日本の有名メーカーを退けてシェアを伸ばすビジオの液晶テレビの品質はどうなのでしょうか?液晶テレビといえばまず画像がきれいなことが一番です。ビジオの液晶テレビは低価格ですが、日本で売られている低価格の液晶テレビとは違い、画像もきれいでサラウンド機能も付いて音域も広く安定した品質です。
たしかに何十万もする他メーカーの高価格tvと比べて全く同じ高性能かといわれ厳しく見れば、見る角度で色が違ったり画像の荒さも感じられないことはありませんが、三分の一ほどの値段で買えることを思えば、かなりの品質だといえるのではないでしょうか。
ビジオ(vizio)の液晶テレビはコストコジャパンで販売されることで日本仕様に対応されていますし、画像など品質に関しても評判は上々のようです。
42型で9万円という価格で勝負をかけるヴィジオ(vizio)の日本のテレビ市場での売れ行きも今後要チェックですね。

ビジオの液晶テレビはコストコで販売

ビジオ(vizio)の液晶テレビが日本に初上陸しました。
2008年9月3日のコストコ札幌店、4日の川崎を皮切りに、コストコ・ホールセンタージャパン8店舗でのビジオ・液晶テレビの販売が始まりました。日本では普通20〜30万代の42型液晶テレビが、9万8千円で販売されました。
コストコでのビジオ・液晶テレビの販売は、日本ではまだ無名のメーカーということもあり450台の試験販売として発売されましたが、コストコ・スタッフの予想以上の売れ行きのようです。
もともとビジオの液晶テレビは、アメリカのコストコで売り出され爆発的な売れ行きだったことから、大手の家電販売店でも取扱われるようになりました。2011年に地上デジタル化されテレビの買い換え時期ともいえる日本でも、物価の上昇で低価格製品への需要が高まっています。ビジオの液晶テレビは性能にうるさい日本人にも納得できる品質だと評判です。
コスコトなど低価格販売店への人気も重なり、ビジオの名前は日本でも広がりを見せそうです。
他メーカーの価格競争も活発になってくれば消費者にとってはうれしいことですね。
今後、地デジへの切り替えもありますので、地デジ対応のテレビに買い替えを考えている方も多いことでしょう。
この際、42型の大型の液晶テレビに買い替えてはどうでしょうか。
ヴィジオのtvを一度、コストコに見に行ってみることをお勧めします♪

ビジオ・液晶テレビを購入する

ビジオ(vizio)の液晶テレビは日本ではまだまだ知られていませんが、アメリカでは大注目のメーカーです。
ビジオはアメリカ・カリフォルニアで2005年に設立された、液晶テレビの企画と設計のみを行う会社で、自社工場を持たないいわゆるファブレスメーカーです。
ビジオは数十億かかる液晶テレビのパネル製造工場などの設備投資や人件費などのコストを省くことで、有名メーカーの半分から三分の一ほどの低価格を実現し、購入する人が倍増しています。アメリカでも経済状況が悪化し、テレビなど娯楽商品の購入を抑える人が増える中、売り上げが留まる日本メーカーのソニーやシャープを抜いてビジオの液晶テレビは売り上げを伸ばしています。ビジオの液晶テレビを購入する人が増えているのは安さだけでなく、品質の高さにもあります。ビジオの株主でもある台湾のアムトラン社で液晶モニターや音響設備が作られており、技術力に問題はありません。アメリカでも2009年にアナログ放送が終了することを受け、買い替えでテレビを購入する人が増える時期に来ていますので、まだまだ低価格のビジオはシェアを伸ばすでしょう。
42型で9万円という価格もヴィジオの徹底したコスト管理によるものです。
これからのvizioに注目ですね♪

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。